Notesとは

栂池(つがいけ)高原スキー場で新しいバックカントリースキーの形?

いつの間にかスキー歴だけは長くなった管理人・冬美の子供と一緒のスキーに関する情報ブログです。以前から開設していたHP“スキーでゴキゲン”と連動して、スキー場や家族スキーに関する情報を発信していきたいと思っています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援よろしくお願いします
 ↓   ↓
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ここ最近、コース外滑走での事故のニュースが続いていますね。

そんななか、長野県小谷村にあるつがいけ(栂池)高原スキー場が新しい試みをはじめたとのこと。

バックカントリーに関する有料レクチャー(500円)を午前中に受講すると、
パウダースノーエリア専用のゲートから滑ることができるんです。

このパウダースノーエリアは人工的に雪崩を起こし、安全性を高めたエリアでパウダーを体験が可能。

ただこのレクチャーは人数が限られているので、希望するなら早めに申し込む必要があります。

また日によっては、パウダースノーエリアが閉鎖の場合もあるので滑れないこともあります。

詳細は、TSUGAPOW DBDの公式サイトで確認してくださいね。
↓↓↓
TSUGAPOW DBDの公式サイトはこちらをクリック
http://tsugaikepowder.com/


これとは別に栂池高原スキー場では、3月になるとヘリスキー・スノーボードも行っています。

今年からは滑らずに、遊覧飛行だけして景色を味わうこともできるとのこと。

あまりスキー・スノーボードが上手ではない人も、雄大な自然を上空から堪能できるのは魅力的ですよね♪
関連記事
応援よろしくお願いします
 ↓   ↓
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
2016.02.05 12:36 | スキー場情報 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページスポンサー広告||スキー場情報栂池(つがいけ)高原スキー場で新しいバックカントリースキーの形?












管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。